サイトマップお問い合わせ

 中文

 English

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player


戻る

下野新聞寄稿 〜下野新聞に寄稿している「県香港駐在員リポート」を転載しています。〜


34 華南地域県企業人会
−会員の情報交換の場に―

 香港で法人設立や企業の会計、税務のコンサルタントに携わっている青葉公認会計士事務所と足利銀行が9月28日、業務提携を結んだ。
 これにより足銀は、取引先の企業からの中国華南地域への進出にかかる現地法人設立等の手続きに関する質問や、現地における顧客からの会計処理や税務についての実務に関する相談があった場合に、青葉会計を紹介し、中国ビジネスのノウハウを有する青葉会計から問題解決の支援を受けられることになった。
 また、青葉会計は足銀に華南地域の最新情報を提供するほか、足銀の取引先に対する無料(初回のみ)コンサルティングを行う。
 この両社が業務提携に至った経緯には、「華南地域栃木県企業人会」が大いに関与していたのである。
企業人会は昨年2月、当香港駐在員事務所が、香港や広東省への本県からの進出企業や、本県出身の企業の方々の情報交換の場として発足させたものである。
 現在、香港の青葉会計で企業コンサルタントをしている原田暢一さん(那須塩原市出身)と東京三菱銀行九龍支店にいた酒井康行さん(当時足銀から出向)は、企業人会の入会を機に、ビジネスレベルでの情報交換が頻繁になり、その後、業務提携にまで至ったとのことである。
 この華南および華東企業人会の設立趣旨の一つは、企業人会を通じて、ゆくゆくは会員同士の取引成立や、業務提携に発展するということが理想であった。まさに今回がその理想形となったのである。
 青葉会計の原田さんにお話を伺った。「足銀の酒井さんとは以前からあった香港栃木県人会などを通じて顔見知りだった。私が会計事務所に勤めていることもあり、足銀が取引している華南地域の現地企業が、会計や税務についての実務的な相談が酒井さんにあったときには、彼は青葉会計を紹介してくれていた」と話してくれた。また、その後当香港駐在員事務所が華南企業人会を発足させ、より具体的な情報交換の場ができたことで、「青葉会計と足銀との間で、何らかの形で業務提携ができれば、という話が現実のものとなった」とも話してくれた。
 当香港駐在員事務所は、今後もこのような企業人会会員同士の取引成立や業務提携がスムーズに行えるよう、華南地域への進出企業の支援に一層努力していく。

 

 

 

戻る

© Tochigi Prefectural Government Hong Kong Office. All rights reserved.