戻る

2009年度年間業務報告

【主要業務報告@】

在香港メキシコ領事館 領事に本県企業「元気寿司」を紹介

  •  2009年5月、在香港メキシコ領事館領事から、ジェトロ香港センターを通じて当事務所に依頼。メキシコに回転寿司チェーン店を誘致したいと考えているとのこと。香港でも30店舗以上の店舗展開を行っている本県企業「元気寿司」の海外部門担当者を、同領事に紹介。海外展開の支援を行った。

 

【主要業務報告A】

中国広東省深セン市における本県進出企業への情報提供

  •  2009年5月、本県企業「株式会社ロイヤル」(宇都宮市)が出資し、中国広東省深セン市において開業させた日本食レストラン「宇都宮のんべぇ横丁」を視察。当事務所が作成した本県PR用パンフレットを提供するとともに、同地域における栃木県企業人のネットワーク作りの場としての役割を果たして欲しい旨、協力依頼を行った。


中国深セン市「宇都宮のんべぇ横丁」
(2009.05.25 撮影)

【主要業務報告B】

栃木県企業経営者ら23名に対し香港経済概況セミナー

  •  2009年10月、栃木県内で会社を経営する企業家ら23名が当事務所に来所。香港における経済概況や日本産品の流通事情についてセミナーを実施した。


「栃木県企業経営者23名
香港経済概況セミナー」
(2009.10.10 撮影)

【主要業務報告C】

中国上海市において「中国華東地域栃木県企業人会」開催

  •  2009年11月、中国上海市にある「花園飯店」にて、「中国華東地域栃木県企業人会」を開催した。当日の会場には、同地域の「とちぎ未来大使」1名(山内守 氏)を含む総勢32名の会員が出席。ビジネス情報の交換が行われた。


「中国華東地域栃木県企業人会」
(2009.11.20 撮影)

【主要業務報告D】

在広州日本国総領事館主催「天皇誕生日祝賀会」出席

  •  2009年12月、在広州日本国総領事館が中国広東省広州市で主催した「天皇誕生日祝賀会」に出席。来場した在広東省日系・中国系政財界人と意見交換を行った。


「広州天皇誕生日祝賀会」
(2009.12.02 撮影)

【主要業務報告E】

香港において「中国華南地域栃木県企業人会」開催

  •  2010年1月、「香港日本人倶楽部」にて、「中国華南地域栃木県企業人会」を開催した。会場には、同地域の「とちぎ未来大使」2名(中村紀明 氏、福島文夫氏)を含む、合計40名の会員が一堂に会し、名刺・情報交換が活発に行われた。


「中国華南地域栃木県企業人会」
(2010.01.08 撮影)

【主要業務報告F】

「栃木県経済同友会」未来経営研究会へのブリーフィング

  •  2010年2月、「栃木県経済同友会」未来経営研究会会員14名が来訪。中国・香港富裕層観光客の本県への誘致方法についてセミナーを実施した。


「栃木県経済同友会」へのブリーフィング
(2010.02.07 撮影)

【主要業務報告G】

「中国華北地域栃木県企業人会」幹事企業への情報提供

  •  2010年3月、「中国華北地域栃木県企業人会」幹事企業「大連中村精密部件有限公司」訪問。同社総経理で、「とちぎ未来大使」でもある中村揚弘 氏と面談。最新の栃木県情勢について情報提供を行うとともに、大連の最新経済事情、同社の営業状況、同地域における本県進出企業の動向等について情報交換を行った。


「大連中村精密部件工業有限公司」訪問
(2010.03.19 撮影)

【外国人観光客の本県への誘致 @】

香港国際旅行博「 ITE 2009」視察

  •  2009年6月、香港にて開催された国際旅行博「ITE 2009」の会場を視察。会場内を訪れていた香港系大手旅行代理店関係者らと情報交換を実施。本県の観光PRを行うとともに、本県を訪れる旅行商品の造成を要請した。

【外国人観光客の本県への誘致 A】

ジェトロ広州主催「中国人投資家向け対日投資セミナー」

  •  2009年7月、ジェトロ広州事務所が、中国広東省広州市で開催した「中国人投資家向け対日投資セミナー」に講師として出席。来場した100名を超える中国人企業家・投資家らに対し、本県の投資環境を説明し、本県の観光資源をPRした。また、会場内には複数の中国系マスコミ関係者も来場し、当該セミナーの様子が中国広東省の地方紙にニュース記事として掲載された。


ジェトロ広州主催
「対日投資セミナー」
(2009.07.30 撮影)

【外国人観光客の本県への誘致 B】

在香港日本国総領事館 佐藤総領事に当事務所事業紹介

  •  2009年9月、香港日本国総領事館が実施したセミナーに、同館からの講師依頼を受けて講演を実施。地方自治体による海外事務所の活動内容と実績・課題等について90分程度の講演を行った。佐藤総領事など10名以上の領事が出席。講演後、香港からの観光誘致や販路拡大を推進する上で、総領事館と在香港地方自治体による効果的な連携等について意見交換を行った。

【外国人観光客の本県への誘致 C】

「香港経済日報」観光情報ウェブサイトに情報提供

  •  2009年9月、香港における著名な経済紙「香港経済日報」社が出資・運営する香港・中国人向け旅行情報提供ウェブサイト「Travel USB」に、本県の観光情報を提供。当該ウェブサイト上で、多数の香港・中国人らが、本県の観光情報を常時閲覧できる環境を構築した。

【外国人観光客の本県への誘致 D】

日本・香港「ワーキングホリデー制度」発足署名式参列

  •  2009年10月、在香港日本国総領事館・香港政府主催、日本・香港「ワーキングホリデー制度」発足署名式に参列した。当該制度について香港の多数のメディアが報道。また、会場内では、香港から日本への観光客誘致方法について、日本政府観光局(JNTO)香港事務所、香港政府観光局と意見交換を実施。


「日本・香港ワーキングホリデー」
発足署名式
(2009.10.27 撮影)

【外国人観光客の本県への誘致 E】

栃木・南東北合同による「香港観光プロモーション」実施

  •  2009年11月、香港において、栃木・南東北(栃木・福島・宮城・山形)合同による「観光プロモーション」を実施した。香港銅羅湾にある「香港SOGO」催事場にて、香港系旅行観光業者およびマスメディアを招いての商談会を実施。また、香港における主要旅行社4社(「康泰旅行者」「パッケージツアーズ」「サンフラワートラベル」「JALサテライト」)を訪問。本県を訪れる旅行商品の造成のためのプロモーション活動を行った。

  •  当該商談会の様子は、香港系テレビ局「ATV」の旅行番組において放映され、同局の視聴者である香港一般市民向けに、効果的に本県情報をPRすることができた。旅行社を訪問した際には、観光PRと併せて、日本への旅行経験のある香港人(日本旅行リピーター)に対する県産品の販売の可能性等についても、有益な意見交換を行うことができた。


栃木・南東北合同
「香港観光プロモーション」
(2009.11.03 撮影)

【外国人観光客の本県への誘致 F】

在広州日本国総領事館主催「広州ジャパン・デイ」出展

  •  2009年11月、在広州日本国総領事館主催 日中文化交流事業「広州ジャパン・デイ」において、中国広東省広州市の会場内に「栃木県PRブース」を設置。約2300人の来場者(日本文化への造詣が深い中国富裕層ら)に対し、栃木県の認知度向上と、観光客誘致ためのPR活動を効果的に行うことができた。

  •  また、中国広東省における主要旅行社5社のうち、会場内で本県ブースと隣接してブースを設置していた4社(「広之旅国際旅行社」「広東国旅国際旅行社」「広東省中国旅行社」「深セン中国国際旅行社」)に対し、本県の観光情報を提供することできた点も、大変有益であった。


「広州ジャパン・デイ」
(2009.11.14 撮影)

【外国人観光客の本県への誘致 G】

香港大手旅行社主催「ビジット・ジャパン」関係者会議

  •  2009年11月、香港大手旅行社「パッケージツアーズ」が主催する「日本・香港旅行観光関係者意見交換会」に出席。会場内では、JNTO日本政府観光局、福井県香港事務所、福岡県香港事務所、鹿児島県香港事務所、沖縄県香港事務所、長野県深セン事務所と効果的な観光客誘致方法について意見交換。

【外国人観光客の本県への誘致 H】

「東アジア競技会」期間内に本県観光PRブース設置

  •  2009年12月、国際的なスポーツイベント「東アジア競技会」期間中に、日本への観光客誘致を目的として在香港日本国総領事館が実施した事業「ジャパンナイト」において、本県の観光をPRするためのブースを設置した。

  •  中国語で記載された観光パンフレット等を配布し、香港の一般市民向けに、PRを行った。 


「東アジア競技会 ブース出展」
(2009.12.10 撮影)

【外国人観光客の本県への誘致 I】

香港大手旅行エージェント5社に本県観光資源を売込み

  •  2010年1月、香港における大手旅行エージェント5社(「康泰旅行社」「新華旅遊有限公司」「順達旅遊有限公司」「縦横旅遊有限公司」「EGLツアーズ」)を訪問。栃木県への観光客誘致にかかる情報提供を行い、本県への旅行商品の造成を要請した。数社から「本県を巡る旅行商品を今年春および秋に企画する」旨の回答を得た。

【外国人観光客の本県への誘致 J】

シンガポール国際旅行博覧会に関東1都9県ブース出展

  •  2010年2月、シンガポールにおける大規模な国際旅行博覧会「NATAS」に、関東1都9県が合同で、観光PRブースを出展。来場した一般顧客にPRを行ったほか、会場を訪れていたシンガポール系の旅行エージェント各社に対し本県への誘客を働きかけた。 、本県の観光をPRするためのブースを設置した。

  •  会場内では、シンガポールにおけるほぼすべての主要旅行社がブースを設置しており、本県への観光を含む旅行商品が、成約に至ったという実績も挙がった。 


シンガポール「NATAS」
(2010.02.26 撮影)

【外国人観光客の本県への誘致 K】

香港大手旅行社9社へ最新の観光「シーズン情報」提供

  •  2010年3月、香港において日本への観光客の送客が多い主要9社に対し、本県への旅行商品の企画を促すため、今期の「最新花見情報」や、牧場バーベキュ利用ガイド等、最新のシーズン情報を提供した。

【栃木県産品の海外販路拡大 @】

香港国際食品見本市「HOFEX2009」にブース出展

  •  2009年5月、香港で開催された国際食品見本市「HOFEX2009」に、栃木県産米の販路拡大を目的に「社団法人とちぎ農産物マーケティング協会」が出展。栃木県産米の香港での輸入代理店となっている日系総合商社「兼松株式会社」の協力のもと、当事務所は全面的な支援を行った。

  •  当該出展の様子が、日本・香港における複数のメディアに掲載された (「日本農業新聞」 (2009年5月17日)、「読売新聞衛星版」 2009年5月20日)、「Concierge」(6月号)、「KANANMONTHLY」(7月号)、他)。

  •  また、当該出展を契機として、栃木県産米「なすひかり」の販売を行っている「とちぎパールライス株式会社」に対し、5月中に「なすひかり」の香港向け大量注文が入った。


「HOFEX2009」
(2009.05.06 撮影)

【栃木県産品の海外販路拡大 A】

国際食品見本市「FOOD TAIPEI 2009」にブース出展

  •  2009年6月、台湾台北市で開催された国際食品見本市「FOOD TAIPEI 2009」に、栃木県ブースを設置した。当該ブース内には、県内食品メーカー3社が出展、台湾系バイヤーおよび香港や中国など各地から当地に視察に来たバイヤーらと商談が行われた。

  •  また、当該出展の様子が、台湾における複数のメディアに掲載され、PRにもつながった。


「FOOD TAIPEI 2009」
(2009.06.29 撮影)

【栃木県産品の海外販路拡大 B】

香港情報誌『needs』に栃木県産米「なすひかり」が掲載

  •  2009年8月、香港における香港人向け月間情報誌『needs』(9月号)に、栃木県産米「なすひかり」の特集記事が掲載された。当該情報誌を発行している編集者から当事務所に「なすひかり」の画像データの提供依頼や、取材の協力要請があり、それらに協力したところ、無料での紙面掲載が実現した。

【栃木県産品の海外販路拡大 C】

「香港食品栄養成分表示に関わるワークショップ」出席

  •  2009年8月、ジェトロ香港センターおよび香港政府衛生署が共催した「香港食品栄養成分表示に関わるワークショップ」に出席。2010年7月から、香港へ日本産品を輸出する際に新たな手続きが必要になる情報を入手。当地への輸出を行っている県内企業に対し情報提供を行った。


「香港食品栄養成分表示に
関わるワークショップ」
(2009.08.05 撮影)

【栃木県産品の海外販路拡大 D】

中国広東省深セン市「常設型ショッピングモール」視察

  •  2009年8月、中国広東省深セン市に出張。「深セン市龍崗区貿易局」主催、「深セン市中日友好経済文化交流促進会」協力事業「The First Shenzhen (longgang) International Trade Logistics Industry Trade Fair」の開幕式に出席。近時、同地に開設された「常設型ショッピングモール」を、中国広東省における栃木県産品の販売先候補として視察した。


「深セン市常設型ショッピングモール」
視察(2009.08.13 撮影)

【栃木県産品の海外販路拡大 E】

香港日本食レストランにおいて「なすひかり」フェア実施

  •  2009年11月、香港における複数の日本食レストラン店頭(「魚や一丁」4店舗、「焼肉伊呂波」2店舗)において、同商品の香港輸入総代理店である日系総合商社「兼松(香港)有限公司」の協力のもと、栃木県産米「なすひかり」の販売促進を狙いとした、大規模なプロモーション活動を実施した。

  •  その様子は、読売新聞等日系3社のマスメディアからの取材を受け、後日ニュース記事として掲載された。また、各店舗でのプロモーション活動と同じ時期に、香港における有力情報誌「飲食男女」紙面に、「なすひかり」の有料広告を大きく掲載したことにより、同商品の知名度向上のための相乗的なプロモーションを行うことができた。


香港「なすひかり」フェア
(2009.11.04 撮影)

【栃木県産品の海外販路拡大 F】

香港「とちぎ未来大使」発案 本県産「にっこり」宅配事業

  •  2009年11月、香港における「とちぎ未来大使」であり、「中国華南地域栃木県企業人会」 代表世話人である中村氏の発案により、本県産梨「にっこり」の香港における新たな販売チャネルとして、大和運輸(香港)有限公司の福氏を当事務所に紹介。同社の物流網を通じて、香港の一般消費者向けに「にっこり」の宅配販売事業が、新たに実現。2010年2月に初出荷となった。

【栃木県産品の海外販路拡大 G】

中国上海市 国際食品見本市「 FHC CHINA 2009」に出展

  •  2009年11月、中国上海市で開催された食品見本市「FHC CHINA 2009」に、本県企業3社が出展し、栃木県ブースを設置した。

  •  「栃木県ブース」には、上海や中国華東地域からだけではなく、香港や台湾からも、優れた日本産品の取引を目的とするバイヤーが多数訪れた。とくに、香港からは香港系大手商社「大昌貿易行」の食品仕入責任者 や、在中国日系商社大手の「新鮮館」広東省統括総経理 らも来場し、出展した栃木県企業と商談が行われた。(本事業を契機として商談がまとまり、出展した県内企業と現地バイヤーとの間で、商談成約に至ったとの報告があった。)


「FHC CHINA 2009」
(2009.11.18 撮影)

【栃木県産品の海外販路拡大 H】

香港総領事館主催「天皇誕生日祝賀レセプション」出展

  •  2009年12月14日、香港日本国総領事館主催事業「天皇誕生日祝賀レセプション」において「栃木県ブース」を出展。同ブースでは、栃木県産米「なすひかり」で作った「塩おむすび」を用意し、総領事館が招待した香港政府行政長官や、香港政財界人ら700名超の来賓に対し、同米および栃木県の観光PRを実施した。


香港「天皇誕生日レセプション」
(2009.12.14 撮影)

【栃木県産品の海外販路拡大 I】

香港において「栃木県食品商談会 in 香港2010」を開催

  •  2010年1月、「香港日本人倶楽部」において、「栃木県食品商談会 in 香港2010」を開催した。(栃木県主催、ジェトロ香港センター協力事業。)

  •  本県から10社・団体の食品メーカー等が出展を行い、会場には50名を越える香港系バイヤー等が来場した。

  • その結果、出展した10社・団体がそれぞれ商談を行う機会を得た。香港系バイヤーから、「とちぎ和牛」や「とちおとめ」等の高付加価値・高品質な農産物の引き合いが非常に多く、どのようなロジスティックス(物流経路)を使って香港に販売するか等、販売先との具体的な交渉の段階まで至っている商談も多数あり、近時実績が上がるものと期待される。


「栃木県食品商談会 in 香港」
(2010.01.08 撮影)

【栃木県産品の海外販路拡大 J】

香港系大手商社へ県産品(とちおとめ、加工食品)売込み

  •  2010年1月、香港系大手商社「僑陽陸海有限公司」に対し、「とちおとめ」および加工食品メーカー各社の商品カタログを提供。県産品の同社での新規取り扱いについて要請。県内企業15社との商談を仲介した。

  •  2010年1月、香港系大手商社「新華日本食品有限公司」と県産品の販路拡大にかかる打ち合わせを実施。先方からの要請にもとづき、冷凍野菜の香港向け輸出に興味のある本県企業を紹介した。

【栃木県産品の海外販路拡大 K】

シンガポールにおける日本産品流通事情調査

  •  2010年2月、本県産品のシンガポールにおける販路拡大に資する情報を収集するため、シンガポールにおける主要なスーパーマーケットを視察。現地バイヤーと名刺交換を行ったほか、店頭で販売されている各商品の店頭販売価格等について調査を行った。シンガポール高島屋にて、本県産品「あずま納豆」(あずま食品、宇都宮市)が販売されていることを確認した。

【栃木県産品の海外販路拡大 L】

中国大連市における日本産品流通事情調査

  •  2010年3月、 本県産品の中国大連市における販路拡大に資する情報を収集するため、大連における著名なスーパーマーケット「久光」を訪問。同店舗にて開催されていた「日本食フェア」を視察した。店頭販売価格等について調査を行ったほか、同店にて販売されていた本県産品「東京調味味噌」(東京フード、佐野市)が販売されていることを確認した。

 


香港高級スーパー「シティ・スーパー」で販売されている
「とちおとめ」と「にっこり」(2009.12.18 撮影)

 

 

↑ページトップ


 

© Tochigi Prefectural Government Hong Kong Office. All rights reserved.